30代共働き夫婦の家計簿公開。貯蓄率は75.3%(2018年12月)

2019年になりましたが、2018年分の家計簿の公開です。

  • 支出のみの公開となります
  • 投資、資産運用に回したお金は支出には計上しません
  • 今年の目標は資産になるため、目標計算は実施しません

項目は投資以外は変更せずにスタートします(後々見直す可能性はあります)

[getpost id=”591″]

注意事項は昨年までと変わりません。

  • サイフは個人それぞれと共通の3種類を使用、この記事で公開するのは共通のみになります
  • 通信費、個人の交際費、仕事時の食費、外食費等は個人のサイフから負担しているため計上していません
  • クレジットカードを使用しているので、引き落とし時の金額で計算するため、実際の毎月の支出額とは異なります
  • 家計簿はマネーフォワードを使って計上しています(銀行口座連携済みのためカード等の引き落としは自動計算)

2018年12月の支出

2018年12月の支出はこちらです。

2018年12月支出

支出は先月よりも減らすことができました。

娯楽費(旅行代)が増えていますが、会社の補助で半分以上は戻ってきます。

特に立て替えの支出も発生していないので、他は大きな変化はありません。

2018年12月の貯蓄率

2018年12月の貯蓄率は75.3%です。

妻のボーナスと年末調整の住宅ローン控除分で収入が増え、支出も減ったので貯蓄率を大きく増やせました。

年内最後の追い上げとしては良い数字です。

まとめ

2018年1年間の家計管理が終了しました。

資産運用が大きくマイナスになってしまったため、年間の貯金額は2017年よりも少なくなる見込みです。

1年分の振りかえり、2019年の目標として考えてみようと思います。

記事の内容に関するコメントはこちらへ

いたずら、スパム以外のコメントは必ずお返事いたします