結婚して夫婦になったら2人(子どもが生まれたら3人以上)でお金の管理をしていく必要があります。

「お金を貯めたい」とは言うのは簡単ですが、貯金の目標を持たないとお金は貯まりません。

では子どものいない夫婦の貯金目標はどのくらいにすると良いのでしょうか?
考えていきたいと思います。

こちらの記事もおすすめ

貯金目標は手取り月収から考える

まずやってはいけないのは「金額で目標を決めてしまう」ことです。

例えば「1年間で100万円」
数字、期間としてはとてもキリの良い数字ですが、この数字と期間が適切なのかは判断できません。

  • 手取り月収はどのくらいなのか
  • 共働きなのかそうではないいのか
  • 固定給なのか変動給なのか
  • 残業代、ボーナスで額は変わるのか

などこれらの条件で異なります。

「1年間で100万円」の目標を、手取り100万円の夫婦の場合は少なすぎますし手取り10万円の夫婦の場合は多すぎます。
金額や期間でキリの良い数字にするのは現実的ではありません。

そこで考えやすくするのは「手取り月収から逆算して目標を決める」考え方です。

ご夫婦によって手取り月収は全員違うと思います。
手取り月収額のパーセントで逆算して、貯金額を決め先取り貯蓄します。

子どもがいない場合は手取りの25%以上を目標に貯金

子どもがいない場合は、なるべく多めの額を貯金に回せるとベストです。

少なくとも手取りの25%つまり4分の1は貯金に回したいところですね。

例えば、手取り30万円の場合は7万5千円ですね。これで25%です。
これが多いと思うか少ないと思うかで調整してみてください。

子どもがいなくても、奨学金の返済や両親への仕送りなどの別の出費がある場合は、条件を見直す必要があります。

共働きの場合は、奥様の月収は貯金するという考えもありだと思いますが、収入額があまり変わらなければパーセンテージで計算する方がわたしは良いと思います。

もちろん余裕があれば、50%や60%を目指してくださいね。

ナナミライ
わたしたちは大型出費の月を除き50〜70%くらいの貯蓄率がキープできています

子どもが生まれるとどうしても貯金できる金額は減ってしまいます。

少しでも余裕を持つためにも子どもがいないうちはなるべく貯金をしておくのがベストですね。

もちろん夫婦で旅行に行ったり、必要なものを買ったりしてはいけないというわけではありませんよ。

こちらの記事もおすすめ

まとめ

子どもがいないうちは貯金をする最大のチャンスです。

他の夫婦は関係ありません。

自分たちの夫婦に見合った金額を貯金していくことが大切です。

早いうちから準備しておくことで、大事な時に「お金がない」という状況を回避することができます。

ぜひ早めの準備をしてくださいね。