おはようございます、ナナミライです。

2018年もすでに半分が過ぎようとしているタイミングですが、今さらながら2017年の年間収支をまとめました。

ビーすけ
おそっ!

結論からいうと2017年は家計のお金だけで350万円の貯金を達成することができました!

皆さんに役に立つような戦略は特に実践していませんが、どなたかの役に立てば、また自分への記録としてまとめます。

家計管理に悩んでいる方、他の家の家計管理が気になる方、よかったらぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに2016年の貯金結果もまとめています。

貯金額の推移

まずは貯金額の推移です。

2017年の報告は投資分を支出に入れてしまっている+貯金は現金分しか計算していないので、若干計算が異なります。

6月と10月が赤字になっていますが、基本右肩上がりで伸びているのがわかります。

2017年貯金額推移

ちなみに赤字になった6月と10月ですが、大型出費のイベントと重なったためで想定内の赤字です。

  • 6月:低解約返戻型生命保険の年払い
  • 10月:家族旅行

赤字は出さないほうがもちろんよいですが、計画的赤字であればそこまで悲観する必要はありません。

ビーすけ
10月は実は黒字予定だったのはナイショだよ

ちなみに毎月の貯金額はこんな感じになります。

2017年月別貯金額

圧倒的にボーナス月(7月、12月)で稼いでいます。

赤字の月もあったように毎月同じ金額を貯金するよりも月ごとのイベントに合わせて、計画を変更すると対応しやすいです。

ナナミライ
例えば、通常の月は10%、ボーナス月は30%貯金するなどですね

変動費の推移

続いては変動費の推移です。

あまり思い切った節約はしていませんが、変動費は毎月の偏りが少なくなるように意識しました。

最大最小平均
食費¥43,047¥24,363¥29,441
日用品費¥8,814¥385¥3,491
電気代¥4,146¥3,039¥3,521
ガス代¥4,460¥2,287¥3,136
水道代¥3,746¥3,402¥3,509

最大値・最小値・平均値をグラフにするとこのようになります。

変動費である以上、どうしてもバラツキはありますが、極端に多い月、少ない月はなくなるように心がけました。

光熱費の3つは年間通してバランスのいい数字になったのではないかと自負しています。

ビーすけ
夏場も冬場もエアコンほとんど使わないからな・・・

ナナミライ
1人でいるときはどうもつけるのがもったいない気がして

家計管理する上で心がけていたこと

家計管理する上で心がけていたことは以下の3つです。

  • 時短の家電にはお金を使う
  • 旅行などリフレッシュできる予定を入れる
  • 副業収入は計上しない

この3つだけです。

家電は壊れたタイミングですぐ買いかえましたし、ルンバも買っています。

旅行も箱根と宮古島2回行きました。

必要なものは買い、旅行にも行って、楽しく生活しながらついでにお金を貯める。

これがわたしの理想の暮らしです。

まとめ

2017年の家計簿を振り返ってみたところ、資産運用が好調以外にも税金の還付や引っ越し祝いなどで臨時の収入が多くありました。

...にもかかわらず2018年の貯金目標額をかなり上げてしまったのでうまくいっていないのかもしれません。

2017年の振り返りをしてから、2018年の目標を決めるべきだったと反省しています。

2017年の家計簿は毎月分まとめています。

興味がありましたらぜひ見てみてくださいね。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』