こんばんは、ナナミライです。

本日は昨年(2016年末)までメインで使っていたYahoo!JAPANカードのメリット、デメリットについて紹介します。

Yahoo!JAPANカード

※以下記事にもあるように2017年よりメインカードを三井ショッピングパークカード<<セゾン>>LOOPゴールドに変更しています

これまで使っていたYahoo!JAPANカードのメリット、デメリットを紹介したいと思います。



Yahoo!JAPANカード

結論からいうとわたしにとってはメリットの方が多いです。

Yahoo!JAPANカードのメリット

入会費、年会費完全無料

Yahoo!JAPANカードを発行すること、使うことによるお金は一切かかりません。

また入会キャンペーンを随時行なっていまふので、おトクに入会することができます。

還元率は1%

Yahoo!JAPANカードの還元率は1%です。

特別高いわけではないですが、還元率が0.5%のカードも多いので普通以上ではあります。

また単位が100円単位なので取りこぼしが少ないです。

Tポイントが貯まりやすく使いやすい

Yahoo!JAPANカードのポイントはTポイントになるので、貯まったポイントは使いやすいです。

またYahoo!のサービスを利用するとポイントが上乗せでもらえることも多いので、かなり貯めやすいです。

nanacoへのチャージでもポイント還元(JCB限定)

JCBブランド限定になっていまいますが、nanacoへのチャージでもポイントが貯まります。

Yahoo!JAPANカードでnanacoにチャージして買い物をすれば、二重でポイントを獲得することができます。
またこの方法を使えば、税金を実質クレジットカード払いで払うことが可能です。
※ただしnanacoのポイントは貯まりません

デメリット

ETCカードの発行が有料

カードの発行や年会費、家族カードの発行も無料ですが、ETCカードは有料(年会費500円+税)になります。
ETCカードの利用も考えている方は別のカードから発行する方が良いですね。

期間固定ポイントが使いにくい

メリットでTポイントが貯まりますく使いやすいと書きましたが、キャンペーン等で貯まるポイントは期間固定ポイントの場合が多いです。
この期間固定ポイントは期限が短い上にYahoo!のサービスでしか使うことができません。

数十円〜数百円程度の期間固定ポイントが使えずになくなってしまう機会が多くなってしまいます。
また1000円以上のポイントが無駄になってしまうケースもあるので、有効期限は確認するようにしましょう。

期間固定ポイントの効率良い使い方についてはこちらの記事で紹介しています。

まとめ

Yahoo!JAPANカードは、Yahoo!のサービスをよく使う方には非常におすすめのカードです。



Yahoo!JAPANカード

メインで別のカードを使っている方もサブカードとして持っていて良いかもしれません。

それでは本日は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』