こんばんは、ナナミライです。

先日情けないことにゆうちょ銀行のICキャッシュカードを紛失してしまいました。
どのように行動すればよいかがよくわからず、対応に時間がかかってしまったので備忘録もこめまして本記事に残したいと思います。

紛失の連絡

電話連絡

まずは紛失の連絡をして、カードでの取引を停止してもらう必要があります。

ゆうちょ銀行カード紛失センター(0120-794-889)に連絡し、紛失した旨を伝えます。

ゆうちょ銀行の番号を聞かれますので、通帳があれば用意しておくとスムーズです。

なおこちらの番号は携帯電話からも連絡可能でかつ24時間365日つながります。

紛失した経緯を思い出す

経緯を思い出す

紛失の連絡をしカードでの取引が停止されたら、記憶を頼りになくした経緯を思い出します。
キャッシュカードの場合は最後に利用したATMの可能性が高いので、その郵便局にキャッシュカードの忘れ物がなかったか問い合わせてみるとよいでしょう。
使用したATMがどこの店舗(出張所)かわからない場合は、ATMの検索も可能です。

駅や場所を頼りに探してみましょう。

再発行または取引停止の解除の手続き

見つかった場合は取引停止の解除、見つからなかった場合はキャッシュカード再発行の手続きを行ないます。
こちらは各郵便局の貯金窓口で行ないます。

どこの郵便局でも対応可能のため、家の近くでも会社の近くでもどこでもかまいません。

持ち物は以下の通りです。

キャッシュカードが見つかった場合

・キャッシュカード
・通帳
・届出印
・身分証明書(顔写真付き)

キャッシュカードが見つからなかった場合

・通帳
・届出印
・身分証明書(顔写真付き)
・再発行手数料(1030円)

見つかった場合も見つからなかった場合も持ち物はほとんど変わりません。
ただ見つからなかった場合はキャッシュカードの代わりに再発行手数料の1030円がかかってしまいます。

また取引停止の解除はその場で対応してもらえますが、再発行の場合は受付からおよそ2週間後に郵送での受け取りになります。
手数料がかかってしまう上に時間もかかるという踏んだり蹴ったりですね。

ただ通帳での取引は可能ですので、預け入れや引き出し、振り込みは通帳を使用して行えます。

まとめ

いかがでしたか。

急いでたり混んでいて早くしようと思っていたりすると、ついうっかりキャッシュカードを忘れてしまうこともありますよね。

キャッシュカードをなくしてしまった場合はまずは焦らずに行動するようにしましょう。
Suicaやクレジットカードが付帯しているキャッシュカードの場合は、不正利用の可能性もありますのでカード会社等に速やかに連絡しましょう。

不正利用の被害にあって場合は補償もあるとのことですが、まずはなくさないように自分自身で管理することが大切です。

それでは本日は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。