「ゆうちょ銀行のキャッシュカードがない!」

お金をおろそうとしたときや家に帰ってふとサイフの中を見た時に、ビックリしたことはありませんか。

わたしはありました。
本当にテンパってどうなるか不安で不安で仕方がありませんでした。

急になくしたことがわかっても何をしたらよいかわからないですよね。

この記事では、わたしの経験をもとになくしたときにするべきことをまとめます。

  1. ゆうちょ銀行カード紛失センターに連絡する
  2. カードがなくなった経緯を思い出す
  3. 再発行または取引停止解除の手続きをする

ゆうちょ銀行カード紛失センターに連絡する

電話連絡

まず1番最初にするべきことは、あなたのカードを使えなくすることです。

仮にあなたのカードが他の人の手に渡ってしまったとしても、暗証番号がなければお金を引き出すことはできません。

しかし逆にいえば、暗証番号さえあればお金が引き出せてしまいます。

まずは紛失の連絡をして、カードの取引を停止してもらう必要があります。

ゆうちょ銀行カード紛失センター(0120-794-889)に連絡し、紛失した旨を伝えます。

ゆうちょ銀行の番号を聞かれますので、通帳があれば用意しておくとスムーズです。

なおこちらの番号は携帯電話からも連絡可能でかつ24時間365日つながります。

この連絡さえしておけば、取引がいっさいできなくなるのでひとまずは安心です。

カードがなくなった経緯を思い出す

経緯を思い出す

ゆうちょ銀行カード紛失センターに連絡をしたら、記憶を頼りになくした経緯を思い出しましょう。

キャッシュカードの場合は最後に利用したATMの可能性が高いので、その郵便局にキャッシュカードの忘れ物がなかったか問い合わせてみるとよいでしょう。

使用したATMがどこの店舗(出張所)かわからない場合は、ATMの検索も可能です。

 

カードが見つかるか見つからないかで、1,000円ほどの違いがでます。

そこまで時間はかけなくてもよいですが、わかる範囲で思い出して見ましょう。

再発行または取引停止の解除の手続きをする

カードが見つかった場合は取引停止の解除、見つからなかった場合はキャッシュカード再発行の手続きを行ないます。

手続きは郵便局の貯金窓口で行ないます。

どこの郵便局でも対応可能のため、家の近くでも会社の近くでもどこでもかまいません。

手続きに必要は持ち物は以下の通りです。

キャッシュカードが見つかった場合

・キャッシュカード
・通帳
・届出印
・身分証明書(顔写真付き)

キャッシュカードが見つからなかった場合

・通帳
・届出印
・身分証明書(顔写真付き)
・再発行手数料(1030円)

持ち物はほとんど変わりません。

違いは見つからなかった場合は、再発行手数料の1,030円がかかってしまいます。

また取引停止の解除はその場で対応してもらえますが、再発行の場合は受付からおよそ2週間後に郵送での受け取りになります。

手数料がかかってしまう上に、使えるまでに時間もかかってしまうのは痛いですね。

ただ通帳での取引は可能ですので、預け入れや引き出し、振り込みは通帳を使用して行えます。

まとめ

急いでたり混んでいて早くしようと思っていたりすると、ついうっかりキャッシュカードを忘れてしまうこともありますよね。

キャッシュカードをなくしてしまった場合はまずは焦らずに行動するようにしましょう。

Suicaやクレジットカードが付帯しているキャッシュカードの場合は、不正利用の可能性もありますのでカード会社等に速やかに連絡しましょう。

不正利用の被害にあって場合は補償もあるとのことですが、まずはなくさないように自分自身で管理することが大切です。

もう一度まとめますと手順はこちらです。

  1. ゆうちょ銀行カード紛失センターに連絡する
  2. カードがなくなった経緯を思い出す
  3. 再発行または取引停止解除の手続きをする

あなたのキャッシュカードが無事見つかることを願っています。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』