前回は貯金ゼロ円からお金を増やすためにはじめにするべきこととして以下の3つをご紹介しました。

  • クレジットカードの使用を禁止する
  • 目標を立てる
  • 節約できそうな金額を通帳から抜いてみる(任意)

では実際に貯金ゼロ円からお金を増やすための生活をはじめます。
本記事では貯金体質を作るために最初の1ヶ月でするべきことをご紹介します。
段階を踏んでじっくり実施していくため、物足りない場合やすでに実施している、不要と思ったら読み飛ばしていただいてかまいません。

貯金ゼロ円からお金を増やすためにするべきたった1つのこと

1つ
まず最初の1ヶ月目の目標は以下を実施します。

  • 1ヶ月の支出状況を把握する

貯金ができないのは必要以上にムダ遣いをしてしまっている収入に合わない生活水準で生活しているかの可能性が高いので、原因を分析する必要があります。

家計簿をつけるわけではありません。
ただ自分の支出内容を知るためにも1ヶ月間で使ったお金をすべて記録しておきましょう。

無理に節約を意識する必要はまったくありません。
通帳のお金がマイナスにならないようにだけは気をつけて今までどおりの生活で大丈夫です。
改善については順次実施していきます。

マシュマロ(妻)
クレジットカードの請求に気をつけてね

オススメの支出記録方法

やり方についてはやりやすい方法でかまいませんが、オススメなのはレシートをそのままレシート入れBOXを作って放り込んでおくことです。
レシートが出ない商品や飲み会だった場合は、こんな感じで日付と内容と金額をメモ帳か裏紙に書いて放り込めばOKです。

手書きメモ見本

あとのステップで分類分け(消費、投資、浪費)をするので、内容と金額はしっかり書いておくと良いです。
飲み会なら誰と飲み会だったかもメモしておくとあとで思い出しやすいです。

携帯のメモや家計簿アプリでもいいですが、わたし個人としては上記の放り込み方法をオススメします。

オススメのモチベーション維持方法

モチベーション

今まで貯金ができていなかった人が毎日支出を記録するって聞くと「面倒だな」とか「大変だな」と思いますよね。
わたしも最初はそうでした。

貯金や節約は楽しんでするものだとわたしは思っているので、わたしが貯金初心者の頃に実践したモチベーション維持方法を紹介します。

1日1分以内で毎日おこない習慣づける

毎日記録するのは大変ですが、基本はレシートを放り込むかメモをするだけです。
サイフからレシートを取り出して入れるだけなら数秒、メモを書いても1分はかかりません。
時間をかけないようにすればそこまで負担にはなりませんね。

また習慣づけるのも大事です。
洗顔やハミガキって数分の時間を使いますが、当たり前のように毎日しますよね?
習慣づけてしまうとほとんど気にならなくなります。

今回の貯金講座では少なくとも3ヶ月は支出の記録は取るため、早いうちに習慣づけておくとオススメですよ。

マシュマロ(妻)
週末にまとめてやろうとすると大変だから毎日さっとやっちゃおうね!

ゲーム感覚で楽しくやる

義務と考えずにゲーム感覚で楽しくやりましょう。
「貯金体質を作るためのゲーム」の序章と考えれば、少しは楽しくなります。

最初から貯金ができるとは思わない

今まで貯金ができていなかったのに急に貯金ができるかというとできません。
わたしの講座では半年間(6ヶ月)かけて貯金体質を作り、7ヶ月目から成果を出すことを目標としています。

最初の6ヶ月は仮に貯金がほとんどできなくてもかまいません。
これからの何十年を考えて、6ヶ月は土台構築期間と考えましょう。

ナナミライ
ノビノビコツコツがんばりましょう!

まとめ:最初の1ヶ月は記録の習慣づけと自分の支出内容を知ることを意識しよう

「こんな地味なことをしていて本当に貯金がたまるの?」と思った方もいると思います。

この質問の答えはYesかNoで答えるなら「No」です。
ただ「支出の記録をすることで、自分のお金の使い方を知り改善できるか?」という質問であれば「Yes」です。

いきなりエンジンをかけても途中でエンストしていますので、じっくりと進めていきましょう!
次の2ヶ月目にすることは支出の記録に加えて、節約をしやすい固定費の見直しをしていきます。

最後にまとめると、貯金ゼロ円からお金を増やすために1ヶ月にするべきたった1つのことはこちらです。

  • 1ヶ月の支出状況を把握する