こんばんは、ナナミライです。

皆さん家計簿はつけていますか?

お金が貯められない人(家計)は家計簿をつけていない、またはつけているだけでフィードバックをしない、というのが特徴の1つとしてあげられます。

家計簿をつけることがゴールではなく、家計簿をつけさらにその結果を分析する必要があります。

家計簿をつける目的

働きながら家計簿をつけるのはたしかに大変です。

しかし家計簿をつける目的はこのくらいだと思っています。

  • 収入と支出を記録する
  • 月の収支を把握する
  • (使途不明金を減らす)

3つ目の使途不明金については、いきなりは気にしなくて大丈夫です。

使途不明金については、こちらで記事を作成していますので参考にどうぞ。

それではマネーフォワードというWebサービスを使って簡単に家計簿をつける方法をご紹介します。

※本記事ではマネーフォワードを使用しますが同様の別サービスでもまったく問題はありません

変動費はとりあえず記録する

食費や日用品や交際費など支出の種類にはいろいろありますが、まずは気にせず使った金額を記録しましょう。

レシートのない商品はメモしておくか、アプリを使ってリアルタイムで記録しましょう。

支出の種類を分けるのは慣れてきたらで大丈夫です。

種類を考えてしまい、イヤになってしまうケースもありますのでまずは入力することに注力してください。

固定費は口座登録をして自動記録する

マネーフォワードには口座を登録して自動的に預入と引き落としの金額を管理する機能があります。

IDやパスワードを登録するので心配かもしれませんが、マネーフォワードではパスワード等の情報は暗号化されている旨記載されていますし、振込や引き出しのパスワードは別ですので心配はいりません。

家賃の引き落としの口座やクレジットカードの引き落とし口座を登録しておけば、自動で支出が管理できます。

また給与の口座を登録しておけば自動で収入もわかります。

最後に

いかがだったでしょうか。

固定費は自動化することで入力を減らすことができ、変動費はとりあえず入力することで余計に考えることをなくせます。

またレシートを撮影するだけで金額を入力してくれるアプリもあります。

(個人的にはレシートを撮影するより金額を入力する方が楽だと思いますが...苦笑)

金額を入れるのを忘れてしまう、面倒くさいという方はこちらも利用してみてください。

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』