• 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
スポンサードリンク
こんにちは、ナナミライです。
本日は家計改善の「外食費」についてお話しします。
外食は家事をしなくてよくて楽でかつおいしいものが食べれるというメリットがありますが、反面家計の支出が自炊に比べて格段に上がってしまうというデメリットもあります。
外食を0にするというのはなかなか難しいですしストレスにもなってしまいますので、数を減らすまたは予算を減らす方向で話を進めたいと思います。
※あくまで家族での外食に限ります、夫婦それぞれの仕事やプライベートでの外食(飲み会)は除きますのでご了承ください
スポンサードリンク

予算を決める

まずは外食にかける予算を決めます。
月ごとにいくらまで外食費にかけるかを検討します。
例えば、1か月に1万円と決めた場合、
1万円の外食を1回
5000円の外食を2回
2000円の外食を5回
など金額が1万円に収まるように回数を決めます。
回数で決めてしまうと、豪華な外食をしてしまった場合偏りが出てしまうため予算で決めるのがよいです。
慣れてきたら年間の予算として管理して、月毎にメリハリをつけながら外食をすることもできますね。

ディナーではなくランチにする

一部例外はありますが、基本的にディナーよりもランチの方がお得です。
ランチの方がお得になる場合は、ランチを外食にしてディナーを自炊するという選択もできます。
グレードはほとんど変わらず時間帯を昼に変えるだけで、価格が安くなるお店もありますので行こうとしているお店がランチを実施しているか確認するようにしましょう。

外食以外の自炊の手抜きをする

自炊をするのが面倒だから外食、というパターンも多いと思います。
外食以外でも手抜きをするパターンはあります。
  • スーパーのお惣菜を購入する
  • 市販の冷凍食品を常備しておく
  • おかずを少し多めに作り冷凍しておく

外食に比べれば、かなりお得に手抜きをすることができます。
お惣菜や冷凍食品に抵抗がある方は、自炊する際に1週間に1、2回程度おかずを多めに作り冷凍しておくとよいでしょう。
余った分は仕事の日のお弁当にすることもできますので、食費の節約にもなります。

いかがだったでしょうか。
外食の誘惑はかなり手ごわいので、なかなか減らすのは難しいと思います。
ただ外食は手軽さをお金で買っているということを自覚して、予算を守って利用するようにすれば家計もかなり改善すると思います。

わたし個人的には家族での外食はたまにのご褒美以外ではあまりしなくてよいと思っています。
ただその分個人での外食が多いので、これからの改善事項になっています(苦笑)

それでは本日は以上です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
その他投資
こんにちは、ナナミライです。 投資の種類の1つとして「不動産投資」があります。 人気度はよくわかりませんが、投資家のフォロワーさんでも実施し...