• 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
  • 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
スポンサードリンク
こんにちは、ナナミライです。

本日は知恵でトクするシリーズ第2弾「ポイントカード」について書きたいと思います。

ここでいうポイントカードとは、クレジットカードのついていないカードのことです。
(クレジットカードと一体化しているカードについては本記事では対象外とし、別途クレジットカードにて記事にしたいと思います)
ポイントカードの是非については賛否両論ありますが、わたしはポイントカード肯定派のためその前提で読んでいただけますと幸いです。
スポンサードリンク

無料のポイントカード

まずは入会金、年会費どちらもかからず永久無料で作れるポイントカードです。
  1. とりあえず作る!
  2. 半年〜1年くらい様子をみて使わなそうであれば捨てる
  3. サイフにはよく使うもののみ入れ、他のカードは100均等のカードケースにしまっておく

1.とりあえず作る!

無料のカードであれば何も考えずとりあえず作るでよいと思います
旅行などで絶対に当分来ないとか個人情報を渡したくないとかなら別ですが、無料であれば作ること自体は損ではないですからね。
ただし無料になるのに条件がある場合もあるので、入会時によく確認するようにしましょう。

2.半年〜1年くらい様子をみて使わなそうであれば捨てる

すぐリピートするようならそのまま使えばよいですし、半年〜1年程度様子をみて使わない(来店しない)ようでしたら破棄します。
目安はポイントの有効期限の1ヶ月から2週間くらい前ですね。
だいたい1年くらいが多いですが、1ヶ月程度と非常に短いカードもあります。
入会前に確認しておくとよいですね。
注意なのはポイントがなくなってしまうからといって欲しくもない商品を買ったり、サービスを使ったりするのはやめましょう。
使わないともったいないと思ってしまう人や罪悪感を感じてしまう人は、入会自体やめたほうがよいです。

3.サイフにはよく使うもののみ入れ、他のカードは100均等のカードケースにしまっておく

作ったポイントカードは頻繁に使うものだけサイフに入れ、他のものは自宅に保管します。
100均などに売っている100枚くらい入るカードケースで十分です。
病院系、美容院系、スーパー系など分けておけば出し入れするときわかりやすいです。

入会金がかかるポイントカード

続いて年会費は無料で、入会金がかかるポイントカードです。
スーパーとかでありがちですね。
  1. 入会金を上回るリターンが見込める場合は加入する

これについてはとりあえずではなく、入会金を上回るリターンが見込めるかを入会前に確認します。

例えば、こんなカードがあったとします。
入会金:100円
ポイント:100円につき1ポイント
有効期限:1年
その他:1ポイント=1円で利用可能

入会金が100円かかりますが、10100円以上利用する見込みがあれば、入会金以上のリターンが期待できます。

こういったように入会金が有料の場合は、安直に判断せずに冷静になって考えましょう。
上記の例では100円ですが、1000円以上だと大きく損をする可能性があります。

年会費がかかるポイントカード

続いて年会費がかかるポイントカードです。

基本的には入会金がかかるポイントカードと同様ですが、入会金よりも高くなる可能性があるため年間のスパンで考えお得かどうか判断しましょう。

いかがだったでしょうか。
作りすぎると邪魔なポイントカードですが、有効に使えばおトクになります。

お店は再来効果を狙って、私たちお客は割引でほしいものが買えるのWin-Winになれば文句はないと思います。

それでは本日は以上です。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事