【2019最新】Amazonの配送業者をADPではなくヤマト運輸に指定する簡単な方法

最近はAmazonプライムによるお急ぎ便の注文でも、配送業者がADP(アマゾン・デリバリー・プロバイダ)に指定されてしまうケースが多くなりました。

元々の回避策はAmazonプライムに入会することで数年間はほぼストレスなくAmazonを利用できていましたので、痛い変更となります。

/wp-content/uploads/nanamirai2.jpgナナミライ

ADPを避けるためにプライム会員になった私としては非常にストレスです

毎回とまでは言いませんが、配送業者・ドライバによっては非常に低品質な対応をされた経緯が何度もありますので、ADPを回避する方法がないか考えました。

完全に同条件ではむずかしいですが、代用方法はありましたのでご紹介します。

ADPを回避してヤマト運輸に指定する方法

Amazonでは注文時に配送業者を指定することはヤマト運輸に限らずできません。

ですが配送先や支払い方法を変更することでヤマト運輸を間接的に指定することが可能です。

  • 受取先を自宅ではなくヤマト運輸営業所に設定する
  • 支払方法を代引きに設定する

受取先をヤマト運輸営業所に設定する

受取先をヤマト運輸の営業所に指定すれば、配送は当然ヤマト運輸経由となります。

受取スポットを選択
受取スポット指定
近くのヤマト運輸の営業所を選びます
ヤマト運輸の営業所を選択
お届け先がヤマト運輸営業所になっていればOK
お届け先住所ヤマト運輸営業所
https://chie-toku.com/wp-content/uploads/beasuke-10.pngビーすけ

Amazon以外が配送する荷物ではできないので気をつけよう

支払い方法を代引きに設定する

この方法はAmazonサポートに聞いたのですが、支払方法を代引きにすればADPが対応できないため、ヤマト運輸が指定されるようです。

支払い方法を代引きに指定
支払い方法代引き
/wp-content/uploads/nanamirai3.jpgナナミライ

サポートから聞いた回答ですが、代引き指定は試したことがないので自己責任でお願いします

この方法でヤマト運輸を間接的に指定することができますが、どちらもデメリットが生じます。

受取先をヤマト運輸営業所に設定するデメリット

  • 営業所まで取りに行く必要がある
  • 時間指定には対応できない

近くにヤマト営業所があればよいですが、営業所止めにするとあなた自身で取りに行く必要があります。

また時間指定には対応していないため何時頃に営業所に着くかはわかりません。

自宅へ配送を依頼することもできますが、転送扱いになるため翌日以降になりAmazonプライムの恩恵を受けられません。

またクロネコメンバーズやLINEからは変更や依頼ができないため、電話にて依頼する必要があります。

/wp-content/uploads/nanamirai3.jpgナナミライ

配送遅延は少ないですがデータ反映が漏れていて営業所に届いているのに連絡が来ないケースはたまにあります

支払方法を代引きに設定するデメリット

  • 代引き手数料がかかる

代引きにすれば自宅までは届けてもらえますが、代引き手数料が300円+税かかります。
またクレジットカード決済やAmazonギフト券購入のポイント還元の恩恵も受けられないことになります。

まとめ

ネットショッピングに抵抗がなければ非常に利用しやすいAmazonですが、反面配送業者によるトラブルも少なくありません。

配送業者も大変なのはわかりますが、Amazonプライムでお金を払っている以上ユーザとしてもサービスを全うしてほしいという思いもあります。

急いでないときは通常配送にするなどゆとりを持った対応をしていきたいですね。

記事の内容に関するコメントはこちらへ

いたずら、スパム以外のコメントは必ずお返事いたします