• 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
  • 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
スポンサードリンク

こんばんは、ナナミライです。

2017年1月1日から特定の市販医薬品を購入した際に、医療費控除をすることが可能になりました。

それが「セルフメディケーション税制」です。

スポンサードリンク

セルフメディケーション税制とは

今までは医療に関しては年間10万円以上の医療代がかかったときに申請できる医療費控除のみでしたが、今年(2017年)からは市販医薬品を年間で12000円以上購入した場合に所得控除を受けることが可能になりました。

2017年分の確定申告から利用できるため、2017年以降購入した医薬品のレシートは必ず年末まで保管しておきましょう。

なお注意事項としては、従来の医療費控除との併用はできないため、どちらも対象の場合はどちらかを選択する必要があります。
(おそらくどちらも対称の場合は医療費控除のほうがおトクです)

医療費控除についての記事は実体験で紹介しています。

レーシックは医療控除の対象?3年前の医療控除をやってみた(前編)
2016-11-18 23:30
こんばんは、ナナミライです。 先日の記事にて、医療控除を取り上げましたがその際にわたしは3年前(2013年)にレーシック手術を含め大きな手術をしたことを思い出しました。 当時は医療...
レーシックは医療控除の対象?3年前の医療控除をやってみた(後編)
2016-11-28 22:15
こんばんは、ナナミライです。 前回の記事で3年前のレーシック手術他の領収書が見つかったため、医療控除をしてみることにしたという記事を書かさせていただきました。 本日は実際に税務署に...

セルフメディケーション税制の対象者

税金を納めていて、健康診断(勤務先含む)を受けている人が対象になります。

働いている方はほぼ対象になると思います。

セルフメディケーション税制の対象医薬品

市販医薬品といってもすべての薬が対象になるわけではありません。

厚生労働省のホームぺージに一覧が記載されていますので、気になる方は確認してみてください。

また対象の医薬品には以下のマークが入っているようです。

控除額と減税額

控除額は12000円~88000円までとなります。

減税額は年収によって異なりますが、400万円の場合は所得税20%住民税10%のようです。

年間購入額が20000円の場合は、所得税1600円、住民税800円おトクになります。

また適用するためには年末調整ではなく確定申告が必要になりますので、忘れずに申請するようにしましょう。

同一家計であれば家族分の合算が可能なので、住宅ローン控除があり減税額が減ってしまう可能性がある場合は、妻(夫)がまとめて申請することも可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

10万円以上の医療費だった制度が、市販薬12000円以上になったので圧倒的に使いやすくなったと思います。

元気で薬の必要のない方がわざわざ購入するほどではないですが、薬は高いのでよく購入される方はレシートを保管し年末に計算してみてください。

対象となる薬の抜粋の紹介とその他使える項目等は別途整理したいと思います。

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
家計分析
こんばんは、ナナミライです。 前回2月に実施した投資状況の確認を実施してみました。 前回の記事はこちら マイナス?プラス?放置していた投資状...