• ブロガーコラボ企画
    アラサーDINKSの生活費割合についての考察-ブロガーコラボ企画振り返り-
    2017年10月8日
  • 自己啓発
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
  • ナナミライの考え
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • オフ会
    【オフ会】【初心者歓迎】2017/11/18(土)投資家×ボードゲーム会を開催します【東京】
    2017年10月14日
  • 自己啓発
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
  • 100記事コメント企画
    【企画】あなたのブログを読ませてください-100記事コメント企画-【無料】
    2017年10月11日

おはようございます、家の乾燥によりのど痛のナナミライです。

皆さまの職場の雰囲気はどのような感じですか?
質問をかえると、皆さまは現在の職場環境に満足していますか?

わたしの職場は時間の余裕がなく、雰囲気があまりよくない職場になっています。
障害や故障が起きてしまうとどこのグループの責任かといった転嫁問題や犯人捜し、正直ウンザリしています。
現在の職場環境をたった1人の平社員が動いたところで改善するのはむずかしいと思いますが、今後自身がリーダーとなったり、プロジェクトをまかされたときにたとえ忙しかったとしても、「せめて職場環境はよくしよう」という考えで読みはじめたのがこちらの書籍です。

エリック・バーンのTA組織論: リーダーを育てる心理学

エリック・バーンのTA組織論: リーダーを育てる心理学

  • 作者:安部 朋子
  • 出版社:西日本出版社
  • 発売日: 2014-09-02
スポンサーリンク

この書籍について

エリック・バーンのTA心理学を用いた組織理論です。
なかなかむずかしいのですべてを理解することはできませんでした。

 TA心理学・・・TAとは「Transactional Analysis」の頭文字で日本語だと『交流分析』です。医者であったエリック・バーンはわたしたち人間や人間関係を表すためにダイヤグラム化することを創案し、現在の心理学まで受け継がれています ※本著内より引用し文章用に一部変更しています

交流分析については、10月に受けた外部研修で学んだことばで興味を持って、本を読んでみるようにしたというきっかけがあります。

本著ではあくまで組織理論になるので、あまり交流分析については触れられていませんが、別の書籍にて交流分析の本は読みますので、その書評で詳しく記せればと思います。

参考になった部分

本著の中で参考になった部分を紹介します。

3つのリーダーシップ機能

リーダーのあり方には3つのリーダーシップの機能が必要と述べられています。

  • 責任を取るリーダー
  • 成果を出すリーダー
  • 心理的(精神的)リーダー

わたし個人的に重要視するのは、心理的(精神的)リーダー>>責任を取るリーダー>成果を出すリーダーの順に重要です。
やはり困ったとき、大変になったときに相談できるような精神的支柱のようなリーダーが理想です。
仕事はあまりできなくても問題ないです(笑)

TA組織論に当てはめて考える場面

場面ごとのTA組織論の使い方がたくさん書かれていますが、わたしたちのわりと身近でTA組織論を活用できることがわかる場面が出てきます。
仕事やプライベートにかかわらずTA組織論という考えを持っておくことで柔軟に対応できそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

『TA組織論』と聞くとむずかしく感じるかもしれませんが、場面やシチュエーションはふだんと変わらないので、行動や考え方を少し見直すだけで改善はできそうです。
もともと仕事の改善のために読みはじめましたが、プライベートにも効果はあると感じました。

この一冊だけではすべて理解できなかった部分もあるので、交流分析についてもう少し勉強してみようと思います。

それでは本日は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
改善
こんばんは、ナナミライです。 本日は家計改善の「使途不明金」についてお話しします。 使途不明金とは、使った記憶のないお金や家計簿に記録されて...