こんにちは、ナナミライです。

 

ブログの記事に「書評」を追加しました。

かんたんにいえば読んだ本の内容をかいつまんで紹介したり、別の記事で引用したりするためです。

決して酷評をする、批判をするといった目的ではありません。

また本の文章を引用する場合は、以下の通り明確にわかるようにさせていただきます。

引用する場合はこのように囲います

またわたしはあまり本は購入しないため、地元の図書館で借りる場合が多いです。

どうしても気になった本を除いては、図書館で借りた本になるため最新でない場合がほとんどですので、ご了承ください。

読んだ本

99%の会社はいらない

堀江貴文著 2016年7月初版

99%の会社はいらない (ベスト新書)

堀江 貴文 ベストセラーズ 2016-07-09
売り上げランキング : 4839

by ヨメレバ

 

 

あの有名なホリエモン(@takapon_jp)の一冊です。

ちょっとホリエモンの本に魅了されてしまったので、図書館の返却待ちもいくつかありますが順番に読んでみようと思います。

『会社を否定する』というよりは『会社にいなくてもやりたいことはできる』といったことが書かれています。

読んでいて正直「ホリエモンだからできるんだろうなぁ」と思いながら読んでいましたが、できるかどうかは置いておいても、実現不可能ではないということが読んでいて気のせいかもしれませんが思うようになりました。

1番参考になった部分

序章の1番はじめののことばが深く心に刺さりました。

あなたは「忙しい」を口癖にしてないだろうか?

最近こちらの記事で仕事のしかたを見直したのですが、それまでは「忙しい」が口癖のようになっていました。

https://chie-toku.com/other/post-913

仕事で他の人に質問行くときも「お忙しい中失礼します」と言って聞かなければなりません。

全員とは言いませんが、正直2人に1人くらいはちっとも忙しそうに見えません。
(Yahooニュースを見ている、LINEをしている、etc)

わりとうんざりしてきています。

 

わたしとしてはなるべく「忙しい」とは口に出さない(そもそもあまり忙しいと思わなくなった)ようにして、「自分の時間を生きる」楽しい忙しさを目指すようにしています。

例えば、ブログを書いている時間やデザインをしている時間は楽しい忙しさだと思っています。

普段の仕事でも自分の知識をみがいたり、話術をつけたりと自分のための忙しさにシフトしていきたいです!

会社や上司の言われるがままだけに働かない!サラリーマンを続けるなら大切なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

わたしは正直この本を読んで、サラリーマンをやめたくなってしまいました。
しかし諸々の事情からやめることはできません。

こちらの書籍を読んで、趣味や好きなことを仕事に変えることができる、変えて方が楽しい、ということを学びましたので、働きながらそちらの勉強もしていきたいと思います。

まずはマーケティングの勉強でもしてみようかな、と。

 

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。