• 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
  • 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
スポンサードリンク

こんばんは、ナナミライです。

2017年1月30日より東京23区・武蔵野市・三鷹市にてタクシーの初乗り運賃が730円→410円に変更になります。

スポンサードリンク

変更箇所

国土交通省のページの引用ですが、制度の変更箇所はこちらになっています。

結局値上げなのか、値下げなのか

新運賃で2.0km走った場合、理論上730円となるので2.0kmまでの短距離移動については値下げになります。

ここからは国土交通省のページの引用になりますが、2.0kmから約6.5kmまでは値上げと値下げの混在となり、それ以上は値上げになるようです。

この運賃改定の目的

ここからはわたしの個人的な考えになりますが、この運賃改定の目的を考えたいと思います。

利用者の増加

わたしは1kmちょっとくらいであれば、よほどの荒天候でない限りはタクシーを使うとは思えませんが、初乗り料金を引き下げることで、高齢者や真夏の営業マン、重い荷物を抱えた人などが気軽に利用できるようになります。

売り上げがどうなるかはわかりませんが、客数自体は上がるのではないかと予想しています。

タクシー業界のテコ入れ

あまり詳しくはないですが、タクシー業界はかなり厳しいようです。

そのためにも1番利用者が高い東京の料金を改定することでテコ入れを行ない、改善をはかったと考えられます。

値上げのごまかし

初乗り運賃こそ引き下げて、短距離の移動は値下げしていますが中距離以上の移動は基本的に値上げになります。

初乗り運賃を730円に変更したときのように、単純に変更しただけでは値上げになってしまうので、このような変更にしたと考えられます。

売り上げを増やしてくれるのは中距離、長距離の利用者ですが、今回の改定で影響が出る可能性もありますが、長距離移動するのはお金持ちや終電を逃した人がほとんどだと思うのであまり関係ないかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的には1kmくらいは歩くべきと言いたいところですが、各々事情があると思いますので短距離の移動であれば値下げになっているので利用すること自体はプラスになると思います。

ただあまりタクシーに乗らないわたしですが、短距離(初乗り程度)の移動をするとあからさまに嫌な顔をされたことや乗車拒否された経験があります。

また旅行にいったときにわざと遠回りをされ料金を稼がれたこともあります(料金を払ってくれたのは会社の上司でしたが)

乗務員全員がこのような人たちとは思いませんが、乗務員のモラル向上も実施しないと根本的な解決にはならないのではないか、と思います。

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事