• ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
  • 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
スポンサードリンク

こんばんは、ナナミライです。

6月から以下の商品の値上げが発表されました。

  • ビール、発泡酒、第3のビール
  • バター
  • タイヤ
  • ハガキ

この中でナナミライ家に1番ダメージが大きいのはビールです。

量販店が安く売るのを規制する改正酒税法の施行によるものです。本当に国は余計なことをしてくれますね・・・

バターは買いますが購入頻度は数か月に1度程度なのでほぼ影響なし、タイヤとハガキは今のところ影響なしです。

毎日晩酌をしているわけではないので大ダメージではないですが、今後の家計にどの程度影響が出るか事前に調べておくことにしました。

これからビールがおいしい季節なのにとても残念な計算をしないといけないのが憂鬱です・・

スポンサードリンク

ビールの値上げ状況

まずどのくらい値上げしたかを確認してみます。

わたしの好きなビール「プレミアムモルツ 香るエール」を例とします。

(値上げのニュースは知っていましたが)たまため家のプレモルの在庫がなくなったので、値上げ前の最後の土曜5/27に350mlの6本入りを家の近くの西友で購入しました。

そのときの価格は6本で1,155円(税抜き)でしたので、消費税を入れて1本あたりにすると約208円になります。

次に現在の価格ですが、SEIYUドットコムによると6本で1,368円(税抜き)となっていて、消費税を入れて1本あたりにするとなんと約246円になります。

1本当たり38円も高くなっていることがわかります。

家計への影響

次に家計への影響です。

わかりやすくするため毎週1本飲むと仮定すると、6週間で6個入りケースがなくなります。

1年間は52週あるので、だいたい年間8~9ケース、9ケース買ったとすると年間で2,070円の差が出ます。

週1本ペースであっても2000円以上の差が出ることがわかりました。

それ以上飲んでいる人にはかなり厳しい状況になりますね。

今後の対策

対策としては以下を考えています。

  • 飲む量を減らす
  • 第3のビール、発泡酒を混ぜる
  • 最安値で売られているところを探して購入する
  • ビールが返礼品のふるさと納税をする

飲む量は平均週1ペースは落とせなそうなので、大目に飲んだ翌週はしばらく金麦などのメリハリをつける必要がありそうです。

Amazon等では今だけかもしれませんが、まだ少し安めに売られているので高くなる前に買うのはチャンスかもしれません。

1番の対策としては、プレミアムモルツが返礼品のふるさと納税を検討してみようと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

各家庭に影響がありそうな値上げが6月も実施されています。

定期的にメンテナンスを行ない、支出が増えてきたと感じる前に対策を打つことが大切です。

あわてることがないよう値上げのニュース等は定期的に確認するようにしましょう。

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
節約
こんばんは、ナナミライです。 早いもので2017年も3月になってしまいました。 だいぶ今さらですが2016年のふるさと納税の結果について記述...