• 雑記
    「20代にしておくべき17のこと」を読んで感じた30歳までにしたい3つのこと
    2017年9月11日
  • ブログ運営
    【報告】ブログ開設1周年。御礼と今後についてカンタンにまとめます
    2017年9月4日
  • 私見
    FP試験に1問足りず落ちてわかった試験の目的を崩さない大切さ
    2017年9月12日
  • おススメ
    やりたいことリストを100個並べて『夢ノート』を作ってみた
    2017年9月21日
スポンサードリンク

こんばんは、ナナミライです。

本日はひさしぶりに平日の休みだったため、いろいろなことをしていたのですがひさしぶりに積み立てている投資商品の状況を確認してみました。

スポンサードリンク

わたしが積み立てている投資商品

まずわたしが積み立てている投資商品は以下になります。

  • 三井住友アセットマネジメント「資産配分おまかせくん」10000円/月
  • アクサ生命「ユニットリンク」10000円/月
  • 住信SBIネット銀行「純金積立」 ※現在積立停止中
  • 企業型確定拠出年金 ※今回確認対象外 5000円/月(会社負担)

まず企業型確定拠出年金がパスワード(+確認先)がわからず確認できませんでした。

※最新の評価状況は捨てずに保管しているはずなのですが見当たりません。。

次に純金積立は積立停止中になりますが、解約はしていないので状況は確認しています。

資産配分おまかせくん

三井住友アセットマネジメントが提供している投資商品です。

内容としては積立金を委託先が市場の状況から資産配分を決め購入します。

購入者自身で配分を決めることも可能なようです。

わたしは基本的に名前の通りおまかせしています。

はじめてから半年ほどですが以下の状況でした。

60000円積み立てているので、1005円のプラスになっています。

利率にすると1%ちょっとくらいですかね。

まだはじめて半年くらいですが、ある程度のプラスは維持しているようなので引き続き様子を見ようと(放置しようと)思います。

ユニットリンク

アクサ生命の変額保険という生命保険になります。

一応死亡した場合は保険金が出ますが、あくまで老後の貯金用にはじめました。

確認したところ2015年6月からはじめているので2年半を過ぎたところですね。

丁寧に年率を書いてくれていますが、2.03%のプラスになっています。

ただ積み立てている金額は20万円なので、3分の1ほどは保険料に回っているということになります。

つまり現状はプラスですが、実際は支払った金額分以上の金額にしないといけないのでまだまだこれからですね。

ちなみに1年ほど経った時に不安になって一度この保険の加入をしてもらったファイナンシャルプランナーに確認したのですが、最初の頃はプラスであっても同じような感じで5年~10年くらいは様子を見てください、と言われました。

ということでプラスですが、まだ年数が浅いので実質はマイナスです。

純金積立

メインで住信SBIネット銀行を使っているため、その流れで申し込みました。

住信SBIネット銀行に関する記事はこちらをご参照ください。

共働き夫婦にオススメの銀行は?住信SBIネット銀行で家計を管理する
2016-12-02 23:00
こんばんは、ナナミライです。 皆さん銀行口座は何を使っていますか? 会社から給与振込の銀行を指定されている場合や家の近くに支店やATMがある銀行を選んでいると思います。 本記事では...

上記にも記載したように現在は積立を停止していますが、状況は以下の通りです。

マイナスになってしまっています。

といっても金の価格自体は上がったり下がったりを繰り返しているので、そこまでマイナスになるのかと思ったのですが、手数料という罠がありました。

純金積立の購入手数料は以下のように記載されています。

購入代金1,000円につき月額25円(税込)

2.5%の手数料が発生しているため、それ以上の利益を獲得しないとプラスにはなりません。

ということでいったん積み立てを停止しました。

しばらく寝かせておいてプラスマイナス0~少しプラスになったタイミングで解約しようと思います。

なお売却や保管は無料です。

企業型確定拠出年金

今回調査できなかったので省きますが、最新の評価をみたときはわずかにプラスでした。

しばらく定期預金で放置していた手数料分のマイナスを少し取り戻したところかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ほぼ放置の状態ですが、意外とプラスになっていてよかったです。

今後に向けては定期的のチェック(目標月1回)と新しい商品の検討、追加をはじめていければと思います。

それでは本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事