知恵トクライフの新サービスとして貯活サポートをはじめます。

貯活サポートは皆さん1人1人の状況に合わせて、貯金ができるようにアドバイス、サポートをするサービスです。

そこで今回わたしのスキルアップ、資格取得の時間を利用して今回モッチリングさん(@RingMotti)に貯金コンサルのモニターをお願いすることになりました。

https://twitter.com/7mira1/status/1001962990403547138

貯活サポートはナナミライの貯金講座の記事にしたがって実施していきます。

>>貯金講座のまとめ記事を読む

前回は『1ヶ月の支出の把握』をしてもらいました。

前回の記事はこちらです。

モッチリングさんの貯金できない原因が、クレジットカード、家計管理方法、食費の3つであることがなんとなくわかりました。

ビーすけ
思ったよりダメ出しができなくて残念だったね(笑)

ナナミライ
原因が少ないと内容が重いからそれはそれで問題だけどね。。

 

今回の記事では2ヶ月目に行なう固定費の見直しを実施したモニター結果をご紹介します。

実際の貯金講座に沿って実施しています。

>>貯金ゼロ円からお金を増やすために2ヶ月目にする『固定費の見直し』

2ヶ月目にすることは固定費の見直し

貯金習慣をつけるために最初の2ヶ月目にすることは、固定費の見直しです。

固定費の見直しは、2ヶ月目どころか1番最初にしてもいいくらい優先度の高い項目です。

ただわたしの貯金講座ではまずは、

  • お金のことを意識すること
  • あなた自身がどのくらい支出があるかを考えてもらうこと

を優先し、固定費の見直しは2ヶ月目の実施にしました。

モッチリングさんの固定費の見直し

実はモッチリングさんは、モニターがはじまるタイミングで固定費の見直しをしてたみたいです。

良い心がけですね。

あらためて実施した分も含めて、合計で約22,000円の削減ができています。

  • 見直し前の固定費

→約133,000円

  • 見直し後の固定費

→約111,000円

※一部光熱費などの変動がある項目もあるので実際の金額とは異なります

  • 見直した項目
  1. 携帯電話→格安SIMへ変更
  2. iPad→携帯といっしょに解約
  3. 生命保険→解約
  4. スポーツジム→解約
  5. 趣味の通信講座→安いものに変更

固定費の見直しをすると個人差はありますが、1万円以上削減することも可能です。

固定費を1万円減らせれば、貯金が1万円増えるのと同じです。

しかもずっと続きます、これはかなり大きいですね。

モッチリングさんの課題

固定費の見直しに関するモッチリングさんの課題は次の2つです。

  1. 半年分、1年分などの一括払い分を固定費を考えていない
  2. クレジットカードの使い方

モッチリングさんの固定費の中には、半年単位・1年単位で支払いが発生するものがいくつかありましたが、ヒアリングしたところ固定費という認識がありませんでした。

都度都度大型出費としてボーナスなどで補てんしていたようなので、1ヶ月あたりの固定費として意識してもらうよう伝えました。

例えば保険の年払いが12万だったら月1万で計算してもらう、などですね。

 

そして前回も指摘したクレジットカード...

固定費の見直しを一気にしたことと先述したまとめ払いが重なって、クレジットの請求が給料の手取り額くらいになっていました。

固定費の見直しはすばらしいですが、少し見込みの甘さがありますね。

今月以降の請求は、モニターがはじまってからなのでクレジットの請求は固定費のみに落ち着いたようです。

ビーすけ
よかったよかった

モッチリングさんの2ヶ月目の貯金額

2ヶ月目の貯金額ですが、当然ゼロ・・・というよりマイナスです。

せっかく貯金できた1ヶ月目の25,000円からも少し補てんしてしまったようです。

ボーナスの支給がたまたまあったみたいなので、最低限のマイナスに抑えられたのがまだ救いですね・・・

目標の見直しも考えましたが、モッチリングさんの強い意向もありこのまま修正せずに挑戦するようです。

あと4ヶ月で月3万以上...どうなるか期待です!

ビーすけ
まぁ無理そうだったらぼくがストップかけるけどね

まとめ

貯金コンサル2ヶ月目のモニターレポート『固定費の見直し』についてお伝えしました。

貯金できても次の月にはマイナスになってしまう、それが家計管理の怖くむずかしいところです。

そういったリスクを少しでも軽減するよう、貯金の習慣化をつけておくのが良い方法です。

ぜひ貯金講座でチャレンジ、むずかしそうであればサポートに申し込んでみてくださいね。

>>貯金講座のまとめ記事

>>貯活サポート