知恵トクライフの新サービスとして貯活サポートをはじめます。

貯活サポートは皆さん1人1人の状況に合わせて、貯金ができるようにアドバイスをするサービスです。

そこで今回わたしのスキルアップ、資格取得の時間を利用して今回モッチリングさん(@RingMotti)に貯活サポートのモニターをお願いすることになりました。

https://twitter.com/7mira1/status/1001962990403547138

貯活サポートはナナミライの貯金講座の記事にしたがって実施していきます。

>>貯金講座のまとめ記事を読む

前回は貯金をはじめる前に『目標設定』をしてもらいました。

前回の記事はこちらです。

モッチリングさんは短期目標で「一眼レフカメラと北海道旅行」を目標にしています。

ビーすけ
貯めたお金が吹っ飛んじゃう気がするね(笑)

ナナミライ
まぁ今回貯めたお金はごほうびで使うでいいんじゃないかな

 

今回の記事では1ヶ月目に行なう支出の把握を実施したモニター結果をご紹介します。

実際の貯金講座に沿って実施しています。

>>貯金ゼロ円からお金を増やすために1ヶ月目にするべきたった1つのこと

1ヶ月目にすることは支出の把握

貯金習慣をつけるために最初の1ヶ月目にすることは、支出の把握です。

「え、こんなことだけでお金が貯まるの!?」と思うかもしれません。

答えを先に言ってしまうと、これだけではお金は貯まりません。

お金を貯めるためには、あなたがお金をどのようにして使っているのかをあなた自身がわからないといけません。

 

例えば「野球がうまくなりたい」と思っても、改善点がバッティングなのか守備なのか走塁なのか筋力不足なのかわからないと、どこを練習したり鍛えればいいかわからないですよね。

お金もまったく同じなんです。

そのため1ヶ月目にすることを『支出の把握』に設定しました。

わたしの貯金講座では最低3ヶ月間は続けてもらうことにしています。

毎日支出を報告してもらいました

あなた自身でする場合は、記録を取ればいいのですが、アドバイスをするにあたってわたしも支出状況がわからないといけないので、モッチリングさんに毎日支出状況を報告してもらいました。

ビーすけ
最初は半月にしてたんだけど毎日の方が楽って言われたから変えたんだよね

ちなみに先ほど支出の把握は貯金には直接効果はない、とお伝えしました。

しかしモッチリングさんの話では「支出を伝える以上ひどいものは送れない」という意識が働いたらしく、普段よりも支出が少し減ったそうです。

ビーすけ
それでも改善の余地はあったけどね

モッチリングさんの課題

6月の1ヶ月分の支出をすべて送ってもらったので、わたしも計算して分析してみました。

モッチリングさんの課題は次の3つでした。

  1. クレジットカードの使い方
  2. お金の管理方法
  3. 食費

貯金がぜんぜんできないと聞いていたので、問題点が10個くらいあるかなと思ったんですが、客観的に見るとこのくらいしかありませんでした。

細かいツッコミはいくつかありましたが・・・笑

 

1番まずかったのがクレジットカードの使い方でした。

貯金モニターをはじめる前の請求が、6月分・7月分ともにいずれも6桁(10万以上)です。

本人もここまで使った意識がなかったようなので、引き落とし以外は基本的にクレジットカードの使用は控えてもらうことにしました。

 

お金の管理方法は、まぁ予想通りでした。

詳しくは別記事にまとめるつもりなのでここでは書きませんが、お金が貯まらない人に当てはまる管理方法でした。

フィードバック時にお伝えしたので改善に期待します。

 

最後は食費です。他の出費は悪くないどころか良かったんですが食費だけは問題でした。

手取り金額の約15%ほどが食費で使われていました。

しかも飲み会などは交際費に分類したので、なかなかの結果ですね。

ナナミライ
ちなみにナナミライ家の食費率は5%くらいです、計算方法や家族構成は違いますが。

 

食費については変動費の見直し部分での改善になりますが、今からできる改善は軽く伝えておきました。

モッチリングさんの1ヶ月目の貯金額

気になるモッチリングさんの1ヶ月目の貯金額は、25,000円でした。

クレジットカードの請求があったので実際は異なりますが・・・

今まで貯金ができなかったことを考えると上々ではないでしょうか。

ビーすけ
最初からこの結果なら2ヶ月目も期待できるね!

まとめ

貯金コンサルの1ヶ月目のモニターレポート『支出の把握』をお伝えしました。

お金について考えるタイミングは早い方が良いです。

あなた自身ではじめてみる、1人でむずかしそうであればサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

次の記事>>貯活サポート第3回モニターレポート『固定費の見直し』

>>貯金講座のまとめ記事

>>貯活サポート