おはようございます。2日間の外部研修で頭がクタクタのナナミライです。

来年以降の分散投資の1つの候補として仮想通貨を選択肢の1つとしてあげています。

 仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことをいいます。
600種類ほどあるようですが『ビットコイン』『リップル』等が代表的にあげられます

来年以降の資産運用に利用できるかを判断するために2017年の残りの時間を使って『ビットコイン』の購入をはじめてみました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインお試し運用のルール

正式な購入方法や購入額については、来年以降の方針で決定しますが、年末に振りかえれるよう2017年お試し運用のルールを記載しておきます。

資金はマクロミルのポイントを交換して使う

わたしは給料以外の資金源の1つにアンケートサイトのマクロミルがあるのですが、資金はマクロミルで貯めたポイントを使用することにしました。
現在でも月に1,000~3,000ポイントくらいは稼げているので、それなりにたまっていて現金に変えるのも微妙だなと思っていたので、ちょうどよかったです。

マクロミルのポイントからビットコインは直接は交換できないので、マクロミル→PeX→bitFlyerで交換する必要がありますので、手順と画像は追記または別記事で紹介します。
マクロミルについての記事はこちら

購入金額は数千円ずつ分散する

購入は下がったタイミングで一気に買うではなく、積立投資と同様に分散して購入します。

投資信託に比べて仮想通貨はリスクの上下がかなり高くなりますが、積立にすることで少しでも軽減することが狙いです。

来年以降仮想通貨の投資をする場合は、分散購入を検討しているので、今回も同様にします。

結果に一喜一憂しない

どちらに転ぶかはわかりませんが、あくまでポイントサイトで貯めたポイントを資金源にしているので、家計のお金や個人のおこづかいからの支出はゼロです。

そのため仮に大損や大得をしたとしても一喜一憂はせず、あくまで目的は『分散投資の1つの選択肢に入れるべきか』の基準で判断します。

ちなみにお試し運用分の来年以降の運用方針も未定です。
現時点では損した場合はそのまま運用、得した場合は利確して元手はそのまま運用のつもりですがまだわかりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ギャンブル性が強めの仮想通貨運用ではありますが、資産を増やすためには可能性の1つとしてあげることができる項目です。

お試し運用と仮想通貨の勉強を今年の残り時間で実施し、来年以降につなげたいと思っています。

それでは本日は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』