こんにちは、ナナミライです。

2018年1月から2度目の転職活動をはじめ、無事内定をいただいたため2018年3月末にて退職、4月から3社目の新しい会社でお世話になることになりました。

今回自分の中でもかなりの葛藤があり、とても悩みました。
家族とも相談して今回の決断に至りました。

役に立つ情報はないかもしれませんが、自分の気持ちとして書いてみました。
もし仕事に悩んでいる、疑問を持っている人に少しでも届けば幸いです。

ナナミライ
ちなみに専業やフリーになるという選択肢はありませんでした。少なくとも今は難しいです。

転職活動をはじめたきっかけ

今回2度目の転職活動をはじめたきっかけは以下の2点です。

  • 自分の働き方と会社が求める働き方が合っていなかった
  • 今の仕事内容にモチベーションが見出せなかった

細かく書くともっといろいろあるとは思いますが、基本的には『仕事内容』がすべてです。
給与やワークライフバランスはIT業界にしてはかなり満足でした。

しかし前回の評価制度で感じた働き方に対する考え方の違いと今の仕事のつまらなさを考えてこれ以上続けていくのは不可能ではないけど時間がもったいない、そう判断しました。

家族(妻)とも相談し、ニートにならなければ転職は応援すると言うことでしたので、まずははじめてみました。

転職が最善の策ではないこともわかっていた

残留も含めて転職活動をはじめて最初に思ったのが、『待遇の悪さ』でした。
悪いというと語弊がありますが、良いことを書きがちな求人票でも垣間見ることができました。

内定は面接まで進んだ5社のうち2社もらうことはできましたが、給与(手当)と休日の待遇は今の会社の方が上です。
そのためかなり悩みました。

内定をもらった2社のうち、新しいことに挑戦できワクワクできそうな方を選んだ

残留、残留して転職活動継続、どちらかに入社の3択のうち、悩みに悩んで家族にも相談した結果、転職をすることを選びました。

残るという選択肢も十分ありえましたが、やはり今残ってもまたどこかのタイミングで転職を考えると思ったこと。
もしまた転職をするなら、今の年齢の方が採用確率は上がります(相当力をつけていれば別ですがどうなるかは不透明です)

どちらの会社に入社をするかの決め手は最終的には『勘』ですが、なんとなく新しいことに挑戦できそうだったからです。

最初は絶対大変ですが、勉強を続けることができれば大変な仕事でも楽しくやっていく自信がありました。

どちらの企業も内定後に面談の機会を設けていただいたため、選考では聞けないような細かい話も聞くことができました。

会社の情報は身バレ等もありますので、明言しませんが業界は同じですが扱う分野が変わります。

ナナミライ
また勉強だけどがんばります!

まとめ:転職は絶対ではないけど選択の1つとしては検討して問題ない

いかがでしたか。

転職をすることがすべてではありませんが、新卒で入社した企業で定年まで働くという文化は少しずつ減ってきています。

不満がある→転職、という判断は早計ですが、今の会社で何とかできなそうなときは転職をするという選択もありです。
最近過労死などのニュースもかなり報道されています。
死ななくても他の選択は絶対にあります。

過労死まではいかなくても、メンタルを崩してやめていった同僚、友だちも何人か知っています。

転職をはじめるハードルはいま非常に低いです。
フルタイムで働きながらでも(けっこう大変ですが)する時間はあります。

本当に転職をするかは内定をもらってから考えれば大丈夫です。

無理のないワークライフを送れることを祈っています。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』